見たもの読んだものいろいろ感想。

ドラマや本や漫画の雑記。

【スポンサーリンク】

べっぴんさん感想 11月30日放送分

【スポンサーリンク】

「知らぬ間に誰かを傷つけてしまうことがあります、

でもそれに気づくことで、人は優しくなれるのです。」

 

そんなナレーションに、きみちゃん、良子ちゃんの目線がそっと動く、そんな柔らかい感情の現れ方が好きです。

丁寧に描いている、そんなところがこのドラマの好きなところ。

 

明美ちゃーん(/_;)

 

・・・なんて思ってたら、今日、大急百貨店に商品を入れたいといったすみれちゃんの一言「私は悔しかったの」「4人のお店なのに」。

そのあと笑顔になった明美ちゃんが嬉しかったです。

 

世の中に理不尽っていっぱいあるけど、

それに対して怒ってくれる人の存在って何にも代えがたいと思う。

私は明美ちゃん好きなので、

すみれちゃんありがとう。と思ってしまいました。

 

そして、紀夫君の苦境(?)は続く。

経理の能力磨いたほうがいいんやないかしら。

そんなゆり姉ちゃんの言葉にうなずくわたし。

キアリスの経理やったらいいじゃん。

 

昨日パパ会微笑ましいなー・・・と思ってたら

「男会」結成されてたことだし。

 

物語はお店の成長を描く段階に差し掛かってきましたが

今後、人相手の「小さなお店」ではなく

どんな風に会社としての取引をできるようになっていくのか

 

そして、ものづくりを志す女性たちは、増産体制になったとき

品質を保つための葛藤をどう乗り越えるのか。

 

そんな色んな見どころが出てきました。

明日も楽しみです。